きんゆうアラサー日記。

金融機関に勤めるアラサー女子の更科日記。

不倶戴天の敵、怠惰。

こんばんは、昨年から春になると少し目がかゆい気がするのですが、花粉症とはどうしても認めたくないまつぽんです。
 
メインブログでは、TOEIC900点や中小企業診断士の資格取得に向けたノウハウを紹介していますが、私も意思が弱い人間です。
睡眠の誘惑に勝てず、朝の早起きが出来ない。子供のためにポケモンGoをダウンロードしたのに、いつの間にか自分がハマって近所をウロウロしているなど。
勉強しようと意気込む私の前に、不倶戴天の敵、怠惰がいつも目の前にいるのです。
 
そんな私が本屋で手に取った「勉強がしたくてたまらなくなる本」(廣政愁一/講談社)の冒頭では、以下のように書かれています。*1
 
愚図は一生治らない。でも、“仕掛け”があれば愚図を手なづけられる
 
本書では、以下のような愚図を手なづける"仕掛け"が紹介されています。
 
  • 勉強という新しい習慣を習慣化するには、今の習慣を捨てる
  • 計画通りにいかないことを前提に、計画通りにいかない時の対処の仕方を決めておく。例えば、1週間単位の計画を立てて、勉強が出来ない日があっても他の日で取り戻すと決める
  • must(勉強しなきゃ)をwant(勉強がしたい)に転換する
 
私が個人的に効果があると思う"仕掛け"は、勉強を始める前に『試験日当日の自分を想像すること』です。
これは会社の先輩に教えてもらった方法で、勉強へのモチベーションを保つのに非常に役立ちます。
試験日当日、自分はどんな状態、気持ちでいたいか。自信を持って試験会場に向かう自分でいたいはず。未来の自分を具体的に想像することで、今の自分とのギャップに気づき、怠惰な気持ちを克服することが出来るのです。
 
少年老いやすく学なりがたし。もはや少年ではありませんが、いくつになっても学び続けたいという気持ちを込めて。
勉強がしたくてたまらなくなる本

勉強がしたくてたまらなくなる本

 

 

*1:タイトル買いしました

オンライン英会話(カランメソッド)を約半年続けた効果

私は、2016年9月からほぼ毎日『QQ English』でカランメソッドを受講しています。約6か月続けていますが、続けてみて良かった点や悪かった点、効果を紹介したいと思います。

そもそも、カランメソッドとは?

カランメソッドとはイギリス発祥の英語学習法で、4分の1のスピードで英語を学ぶことが出来ると言われています。

『講師が質問を2回繰り返し、生徒はフルセンテンスで答える』という基本的なルールに沿って、レッスンが進みます。講師は生徒の回答を促すために、生徒が答えるのを待たず答えを言い始めてしまうので、生徒はそれに負けずに素早く答えます。

このスピード感こそがカランメソッドのキモ。

英語を話すときにどうしても日本語で翻訳しながら話してしまう(だからこそ流暢に話せない)のを、スピーディーに答えなくてはいけないという負荷をかけることで、英語で考えたり話したりすることに無理やり慣れさせよう、というプログラムです。

 


QQEnglish カランメソッドの流れ

 

カランメソッドを続けてみて実感した効果

①リスニング力が自然と上がった*1

カランメソッドでは、ネイティヴが通常話すスピードが1分間に150語~180語に対して、あえて講師は200~230語のスピードで話しているそうです。

講師の話すスピードがとにかく早いので、なんとかついていこうと聞いているうちに、ネイティヴの会話や英語ニュースをなんとなく聞き取れるようになっていました。

②発音がよくなった

レッスンでは、生徒が答えるのを待たずに講師が答えを言い始めてしまうので、生徒は少し遅れて答えを繰り返すことになります。それがシャドウイングになっていて、講師の発音を真似することで発音の仕方がぐっとよくなります。

③フルセンテンス、正しい文法で答える癖がついた

現時点で、スピーキングスキルが向上したという実感は、残念ながらまだありませんが、フルセンテンス、正しい文法で会話する癖がつきました。

例えば、英会話のフリートーク等で親しい先生とレッスンをしていると、単語だけで答えても意思疎通出来ます。また、文法が間違っていても通じてしまうことも多いです。

大人なら正しい文法でフルセンテンスで話したいところ。そんな癖がついたのは良かった点の一つです。

カランメソッドの悪かった点

①会話に必要な語彙はすぐには伸びない

カランメソッドでも新しい語彙を学びますが、初級レベルの単語から始まりますので、会話に必要な語彙をすぐに学ぶことは出来ません。

カランメソッドは、あくまでも『英語を流暢に話す』ための筋トレと捉えて、語彙の強化はオフラインでの会話や英字新聞等で鍛えた方が良さそうです。

②レッスン自体は単調

カランメソッドはStage1〜12まである所定のテキストを進めていきますが、レッスンの進め方自体は単調な繰り返しとなります。

私はゲーム感覚で楽しんでいるのですが、合わない方は飽きてしまうかもしれません。

オンライン英会話の注意点

①オフラインで英語をアウトプットする機会を積極的に作る

英語は、アウトプットが少ないと定着しませんし、「楽しくコミュニケーション出来た!」という満足感を得ることは出来ません。

英語学習を続けるコツは、小さな成功・失敗体験を重ねていくことだと思います。オンラインだけでなく、英会話サークル、外国人案内ボランティア等々オフラインでもアウトプットする機会を積極的に作りましょう。

②漠然とした目標を持ったままでは、いつまでたっても上達しない

オンライン英会話は、カリキュラムは自分で決める+きめ細やかなフォローがないのが普通なので、「英語が話せるようになりたい」といった漠然とした目標を持ってもあまり上達しないです。

どんなシーンで何を話せるようになりたいのか、また何の為に英語が必要なのか、明確にしましょう。そして、その目標に対してどこまで達成しているかを自分で判定するようにしてください。 

メインブログでも、オススメのオンライン英会話を紹介しているほか、TOEIC900点を超えた勉強法を紹介しています。気になった方は是非、参考にしてみてください。

普通の会社員が会社から自由を掴む方法 – 副業としてのサラリーマンを目指して

 

*1:定量的な効果は、春頃にTOEICを受ける予定ですのでその際のスコアを紹介したいと思います。

感想「うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち」田中圭一

 

こんばんは、家族のご機嫌伺いに最近は苺を買って帰るまつぽんです。今月は飲み会が妻に許される最低ライン『週2回』を超えそうで、苺を超える何かを探しています。

先日「うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち」を読みました。 

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち

とてもよかったです!とにかくうつのメカニズムや症状が分かりやすいので、うつのことを知らない人にこそ読んでほしい。本の概要は、Amazonの商品紹介欄を引用します。

パロディマンガの巨星がマジに描いた、明日は我が身のうつ病脱出コミック!

著者自身のうつ病脱出体験をベースにうつ病からの脱出に成功した人たちをレポート。うつ病について実体験から知識を学べ、かつ悩みを分かち合い勇気付けられる、画期的なドキュメンタリーコミック!

著者である田中氏自身やうつから脱出した人たちの体験談をベースに、「なぜ人はうつになるのか?」「うつになったらどうすればいい?」「なぜ、うつトンネルを抜けたのに時々戻ってしまうの?」といった3つの疑問に答えていきます。

私が特に印象に残っているのは、第19話の冒頭シーン。

f:id:kinyujob:20170225212548p:plain

うつは誰にでもかかるもの 例えるなら…うつは心の風邪

(中略)

ちがう!!風邪なんてなまやさしいもんじゃない

うつは心のガンだ!!

 (出典:「うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち」)

親しい友人がうつを患い、休職して療養中の彼とはよくたわいない電話をしています。彼を全面的に受け入れて支持しているつもりですが、「苦しいことに耐えてでも頑張るべき」というガンバリズムが心のどこかで生まれてしまうこともあります。

そんな心に、うつは『心のガン』という言葉は強く刺さりました。メンタルの不調は、ガンと同じように治療が必要な病であり、本人が何ら責められるものではない。

うつへの捉え方をアップデートする良いきっかけになりました。

第4話までは無料で読むことが出来るので、気になった方はぜひ読んでみてください。うつの事例を知っていれば、自分や部下に対しても早めに手を打てるはず。次年度から管理職になる、または部下を持つという方にも、オススメです。

 

note.mu 

ビジネス文書が苦手な後輩になんとか教えてみた

こんにちは。

2月も後半に入り、人事異動の噂がひそやかに流れ、どことなくソワソワした雰囲気が職場に漂っていますが、本日のテーマは、そんな時節とは全く関係ありません。

ビジネス文書が苦手な後輩になんとか教えてみた

去年から私の下に入ってきた後輩は、ビジネス文書、文章を書くのが苦手。

「得意を伸ばす!」が私の育成方針ですが、人事書類や社内研修の課題など場合によっては避けて通れない場合もあります。

そんな中で、なんとか試行錯誤しながら教えてみた経験をシェアしたいと思います。

まず、読みづらいビジネス文書には、大きく2つの原因があります。

  1. 話し言葉と書き言葉の違いに対する違和感があまりない
  2. 文章構造が整理出来ていない

1.話し言葉と書き言葉の違いに対する違和感があまりない

後輩の書くビジネス文書には、「そんな気持ちになった」とか「今は出来ないけど次は成功する」と言ったような話し言葉がよく出てきます。
 
話し言葉は相手との距離が近い言葉です。読み手との距離が近いメールやブログにおいて、親密さを出すために「話すように」書くことはテクニックの一つです。
一方で、読み手との距離が遠い(=建前感の強い)ビジネス文書では、話し言葉だと距離感がちぐはぐになって、読み手に違和感を持たせてしまうのです。
 
後輩の場合は、書き言葉と話し言葉の違いにあまり違和感を持っていないようだったので、文章を根気強く訂正していくことを繰り返していました。その時に、一般化できるようにルールも伝えるようにした方がベターかと思います。
 
本人にやる気があれば、以下のような新書を勧めてさらに上達を目指しましょう。ちなみに私の場合は後輩に渡そうと購入しましたが、半年以上経ってもまだ渡せずにいます。
日本語練習帳 (岩波新書)

日本語練習帳 (岩波新書)

 
入門!論理学 (中公新書)

入門!論理学 (中公新書)

 

2.文章構造が整理出来ていない

起承転結や因果関係などの文章構造が整理出来ていない場合も多いです。起、承と続いていきなり結になったり(転はどこに…?)、理由が理由になっていなかったり。
 
そんな場合は、本人から論旨を教えてもらうようにしています。その上で、こういった文章にした方が分かりやすいよ、と簡単に論理構造を書き出して伝えていました。

【注意点】最低限出来れば良いという気持ちで

本人が嫌にならないように、ビジネス文書として最低限出来ていたらよいという気持ちでいることが大切です。自分自身を振り返ってみてもそうですが、普段不自由なく使えている(と思っている)日本語を直されるのは、なかなかしんどいものです。
 
得意分野を気持ちよく活かしてもらうためにも、最低限出来ればOKという軽い気持ちで臨みましょう。